FC2ブログ
2006.02.23

北海道旅行 その4(最終日)

ということで、4日目、北海道旅行の最終日っす。

ウトロ温泉 知床第一ホテル に宿泊しました。
朝、風呂に入ったら、露天風呂から海の眺めが一面真っ白でした。(^o^)

風呂の中にはカメラ持ち込んでないので画像はありませんが。

18021801.jpg


この日は午前9時30分までに網走港に行かなくてはいけません。

午前7時に宿を出発しました。



が、網走方面に向かうと、道路右側の海が一面真っ白っす。

18021802.jpg


こんな感じ。

18021803.jpg

それから、こんな感じ。

クルマを待避場に駐車して結構長い時間見てました。
(観光客は、基本的にヒマだからねぇ。)

なんかテレビみたいでした。

アザラシいないかと探したんすけどねぇ。
ダメでした。(-_-)

で、網走港に到着しました。
乗り場に行ってみると・・・・・・・
(下の画像をクリックしてね。戻るときはブラウザで戻ってね。)
18021804.gif


こんな感じです。

網走港あたりでは、流氷がまだ来てませんでした。
船も出航はしてるんですが、
流氷まで行かないまま、ぐるりとまわって帰ってくるみたいです。

そんなんだったら、やめようよ~という意見で全員一致。
お金がもったいないし、流氷は陸の上から充分見たので。

それで景色がよいという能取岬にやってきました。
18021805.jpg


なかなかよい景色でした。

ここに流氷が来たらもっとよい景色でしょう。

でも、どっちかっていうと夏に来てみたいところだと思いました。


あと、時間つぶしみたいなもんで、オホーツク流氷館網走監獄に行きました。

18021806.jpg

流氷館では、流氷のことがとっても勉強になりました。

スタッフのお姉さんたちはみんな頭にハチマキを巻いていました。
18021810.jpg


「なぜそんな(変な)ハチマキ巻いてるの?」って聞いたら、

民族衣装からデザインされているんだそうでした。


夕方、女満別空港に到着。

18021807.jpg

午後4時30分の便に乗りました。


上空から見た屈斜路湖と美幌峠です。(たぶん。)
18021808.jpg


北海道の上は結構低空で飛んでいたのか、景色が楽しめました。

函館の夜景も見えましたし。(真上からですが。)




北海道、とっても楽しかったです。

また行ってみたいです。

今度は違う地域、違う季節がいいなぁ。

(ほんとは初夏の美瑛にあこがれてるんだけどね。)

18021809.jpg


あ、北海道を運転していてひとつ気になったことが。

ウチらの地元では道路に塩カリの自動散布機が至る所に設置されているのですが、北海道ではぜんぜん見ませんでした。

北海道で見たのは「砂」が入った黄緑色の箱が道路の至る所にありましたが、塩カリでは北海道の道路には効かないのでしょうか?

やっぱ砂じゃないと効果ない?

この記事へのトラックバックURL
http://maskedpolarbear.blog52.fc2.com/tb.php/801-8012c8e9
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
流氷が無い…ってこれもまたデカイ字です。
自然の神秘はコントロールできませんが、動物園にパンダがいないようなもんですね(^m^*)
数年前、ニュースで北海道の流氷の上にテントはってキャンプしていたら流されて帰れなくなり、救助された人がいたのを思い出しました。
青森にも「砂」は坂道に置いていますが、自動散布機って、あるのかもしれないけど見たことないです。
一時「砂」ではなく「融雪剤」を置いたら、持って行ってしまう人がいるみたいで「砂」に戻りました。

Posted by さーたん at 2006.02.24 06:48 | 編集
おぉ! 4日目もあったんですね!
油断してました・・・汗
【流氷】
北海道に移住して25年近くなりますが
じつは、砕氷船はおろか、流氷自体見たこと無いんです。
どうも、冬場に道東に行く機会と元気が無くてね。。。
やっぱ、観光客の方が、北海道を知り尽くしてるような
気がするこの頃。。。
【路肩の砂】
北海道の場合、塩カル撒いても溶けません・・・汗
3月に入れば効果があるのかもしれませんが。。。
で、あの砂は融雪のために置いてあるんじゃなくて、
単純に滑り止め効果を狙って設置されているモノなんです。
物理的に摩擦係数を上げるだけの代物で、
もうハナっから、溶かそうという概念が無いんですよ。
寒すぎて・・・笑
【初夏の美瑛】
美瑛ならば、ウチの庭です。
自宅から7キロで、職場よりも近いっす(爆
地図もナビも不要で、全ての定番ポイントから
穴場や裏道まで全部案内可能です♪
是非また、北海道に来て下さい。
今度はOFFれそうですね!
Posted by まぁ at 2006.02.24 09:00 | 編集
>さーたん
動物園のパンダって、そんな感じですねぇ。
あれっ、ワタシってそういえばパンダも見たことないわぁ。
融雪剤持ってっちゃう人がいたんですか。そんなに高いモンじゃないのに。
>まぁさん
地元の人間って、そんなモンですねぇ。
ワタシの地元でもワタシが知らないことで、ガイドブックに載ってることがとっても多いです。
なのでワタシもガイドブック持ってます。(爆)
融雪剤の話は、やっぱ北海道では融雪剤ぐらいじゃ溶けないんですね。
なるほど、やっぱそういうことだったんですね。
美瑛には行ってみたいんですが、いつのことになるのやら。
もし行くことがありましたら、その時は、どうぞよろしくお願いします。
Posted by さきりお at 2006.02.24 23:34 | 編集
無事お帰りになったようで、お疲れさまでした~。
いろんな意味で冬の道東を満喫されたようですね。
>阿寒湖
阿寒湖畔は小中学校の林間学校などで毎年のように訪れていたので懐かしいのですが、観光客の方が訪れるようなところにはほとんど往った記憶がありませんorz
>岐阜橋
北海道は明治には岐阜県とか滋賀県の入植者が多かったみたいですよ。たしかうちの父方の祖先は岐阜の出だったと聞いています。
>常呂町
いま話題の(荒川選手の金メダルですっかり忘れ去られましたが)カーリングの街ということで有名になりましたね。
やっぱりそこら中でみんなカーリングやってました??
>おねーさんのはちまき
一体どんな民族衣装なのでしょう?アイヌ民族の方は確かに頭にはちまきというかバンダナみたいのを巻いていましたけど...。ちょっと違うような....
に、しても砕氷船は残念でしたね。また、ぜひ行ってみてください~。
Posted by tamiki at 2006.02.24 23:57 | 編集
>tamikiさん
コメントありがとうございます。
北海道はなんか人生の糧になったような気がします。
(いいすぎか?)
でも、これまで行ったことがなかったので話のタネにはなるなぁ。
阿寒湖って温泉街のあたりしかウロウロしてないので(^^;)
なんか鹿がたくさんいました。
常呂町ではでっかいカーリングセンターを見ました。(高校の隣だったと思います。)
最初ボーリング場かと思ったら「カーリング」でした。
そういや、ラリージャパンの看板がまだ残ってました。(爆)
Posted by さきりお at 2006.02.26 00:17 | 編集
管理者にだけ表示を許可する